ジェットクリーンKHCシリーズはこちら
当社は、タイヤ燃焼機製造の専門メーカーとして、開発から40年の実績と経験を生かし、さらに新しい独自の燃焼方式を開
発、採用した新製品ジェットクリーンKH-Eは、シンプル簡単操作、全自動運転もできる高性能低公害燃焼システムです。

特徴

エネ効果

オプション

基本仕様

詳細図面

ジェットクリーンKH-Eの特徴
最大の特徴は燃焼の強弱を独自のプログラムで管理しているということです。
つまり、暖房または、給湯の量に応じてコンピュータが自動的に燃焼の強弱をコントロールします。

独自開発の燃焼方式

一次ガス化、二次燃焼、三次燃焼と三段階燃焼させ、プログラム制御により燃焼時間がコントロールされます。また、850℃〜1100℃の高温の炎で安定燃焼します。

安全装置は万全

万一にそなえて安全装置は二重三重に設計してあります。

電気の消費量が経済的

LED等の省電力部品を使用し、無駄がなく経済的。

耐久性

耐久性を増すため、高温部には特殊材を使用しています。

コンパクトで簡単な据付け

コンパクトな設計なので省スペースでの設置
が可能。

大型ダンプタイヤもそのまま

KH−E500型は大型ダンプタイヤが1回に9本、又は普通タイヤで1回に約50本がそのまま連続コントロール燃焼できます。

使用中のボイラーと併用も可能

現在使用中のボイラーと接続して併用運転す
ることもできる。

独自プログラム燃焼方式 取扱いが簡単

投入量に応じた燃焼ができ、操作はタイヤの投入とスイッチONで点火、燃焼6〜24時間後に
自動的に終了になるので簡単に取扱いができ
ます。

動画再生